おならの臭い対策サプリ

MENU

おならが臭い、回数が多いのはなぜ?

おならの臭いが気になる、回数が多くて困っているという人は多いと思います。
とくに女性の場合、筋力が弱いため我慢できずにプッともれてしまうことも少なくないのではないでしょうか。


電車やエレベーターなど、人前でおならをしてしまったときの恥ずかしさは
「恐怖」と表現してもおかしくないくらいのもの。できるなら、おならの臭いと回数を抑えたいですよね。


そこで、ここではおならが臭うメカニズムと、それを防ぐための方法を説明します。


おならが臭う原因

憂鬱

おならが臭くなるのは、腸内環境が悪化しているからであり、
腸内環境がどのような状態かは腸内細菌のバランスによって決まります。


おならのほとんどは、食事のときに一緒に飲みこんでしまった空気だと言われています。
そのほかに、血液からでたガスが腸内にたまったものという話もあります。
それらは基本的には、臭いません。


おならが臭いのは、ガスのもうひとつの出どころと関係しています。
臭いニオイの原因は、腸内の悪玉菌がタンパク質を分解したときに発生する悪臭物質です。


腸内には善玉菌・悪玉菌・日和見菌の3つのグループがあり、
それぞれカラダにとって良いはたらきと悪いはたらきをしています。
善玉菌の勢力が強くなれば悪玉菌は減り、腸内環境は良くなります。


しかし、悪玉菌の勢力が強くなれば善玉菌の活動は低くなり、腸内環境は悪化します。


悪玉菌が増えたり、胃で消化しきれなかったタンパク質が増えたりすると、
悪玉菌がタンパク質を分解したときにできる毒素・有害物質・悪臭物質も増えてしまいます。


その結果、おならが臭くなってしまうのです。


ストレスと胃腸のはたらき

腸内環境の悪化には、腸が便を排出するはたらきである「ぜんどう運動」も関わっています。


胃腸のはたらきは、無意識化で生命活動をコントロールする自律神経のうち、
リラックスしているときに活動が高くなる「副交感神経」が担っています。


副交感神経は食事のあとの消化・吸収、お風呂に入ってリラックスしているとき、
夜寝る前の時間帯などに高くなる自律神経ですが、
その活動が低くなっている状態では、胃腸のはたらきも弱くなります。


胃のはたらきが弱くなれば食べ物がきちんと消化されず、
異常発酵して有害物質や悪臭物質をつくりだします。
また、腸のはたらきが弱まれば、便が長く滞留して腐敗がすすんでしまいます。


腸のぜんどう運動が弱まり便が長くとどまるというのは、つまり「便秘」を意味しています。
便秘になると腸内環境はより悪化して、悪玉菌が増え、
結果として悪臭物質が増え、おならが臭くなる原因となるのです。


自律神経はストレスと関係しており、ストレスが強い状況では副交感神経は低下してしまいます。
そのため、上記のようなおならの臭いが強くなる一因になるので、
ストレスは健康面だけでなく、「臭い面」でも重要な要素なのです。


腸内環境を整えることが大事

臭いのもとは、悪玉菌とそれによって分解されるタンパク質。
つまり、悪玉菌を減らしたり、肉類の摂取を減らしたりすれば、おならの臭いは軽減されます。


それには腸内環境を整えて善玉菌を活発にして、悪玉菌を減らすことが大事です。
同時に、肉類の摂取を控えたり、ストレスがたまり過ぎないような生活を送ることも重要です。


よく言われることですが、食事や睡眠などを規則正しくおこなうという、
生活習慣の改善が基本的なおならの臭い対策になります。


暴飲暴食は腸内の悪玉菌を増やすことにつながるので、なるべく避けたいところです。
ストレスも同じく悪玉菌の増加につながるので、アロマや運動、その他の趣味など、
自分なりにストレスをためないような工夫をしていきましょう。


もし慢性的な便秘になっている場合、生活習慣の改善だけではなかなか腸内環境が
良くならないことがあります。その場合には、このサイトで紹介しているような
腸内環境を改善する助けとなるサプリメントを摂るのもひとつの手段です。


おならの悩みから解放されるためには、地味な努力を続けることが大事なのです。