おならの臭い対策サプリ

MENU

おならを我慢すると何が良くないのか

おならは本人の意思に関係なく、いつでもどこでも出てくるもの。
困ったものですが、ところかまわずおならを出していては恥ずかしいし、人間関係にも影響します。


臭いおならが出てしまってはまわりに迷惑をかけるので、多くの人はおならを我慢すると思います。
しかし、おならを我慢することはカラダの大きなストレスになります


実は、おならを我慢することが、口臭や体臭の原因になってしまったり、
腹痛や肌荒れの原因になってしまったりするのです。
そのため、おならは我慢せずに、しっかりと出すことが大事です。


我慢した場合おならはどこへ行く?

おならは肛門から出るときに、肛門を振動させるため音が鳴ります。
また、腸内の食べカスを悪玉菌が分解して発生したニオイの強烈な物質を含むため、臭いものです。


そのため、おならを我慢したいと思うのは当然のことでしょう。
しかし、おならを我慢すると、腸内にガスが充満して腸のはたらきが弱くなってしまったり、
体臭や口臭となってあらわれることもあるのです。


体臭や口臭の原因になる

おならを我慢すると、腸内のガスは腸壁から吸収されます。その後、血液にまざり、
血流に乗って全身へと運ばれます。ニオイ物質が肺に運ばれれば呼気にまざって口臭となり、
皮膚の表面へ運ばれれば汗にまざって体臭となります。


おならを我慢すると、悪臭物質が口臭や体臭になってしまうのです。
腸内で発生したニオイが、口やカラダから臭うなんて、想像しただけでもイヤなものですよね。


腹痛や肌荒れの原因になる

ダメ

おならを我慢することで腸内にガスが充満すると、腹痛を引き起こすことがあります。
横行結腸にガスがたまるとまわりの内臓を圧迫するので、
それによって腹部に痛みを感じる場合があるのです。


また、肝臓の負担が大きくなり、肌荒れなどの影響がでる場合があります


ニオイ物質はふつう、栄養と一緒に、腸から肝臓へと送られます。
そのときに肝臓がニオイ物質を分別して腸に戻して、おならとして体外に排出されます。


しかし、おならを我慢することでニオイ物質の量が肝臓の処理能力を超えると、
肝臓はしっかりと分別できなくなり、全身へとニオイ物質を送ってしまいます。
それによって、上記で説明した口臭や体臭が発生します。


処理能力を超える状態になれば、肝臓が担っているほかの機能もうまくはたらきません。
結果として免疫力が落ちて、肌荒れなどとなって表面化するおそれがあるのです。


便秘になって腸内環境が悪化する

おならを我慢すると、腸のはたらきが鈍くなります。出すべきものを出さないと
腸はどんどん鈍感になり、通常の刺激ではきちんとはたらかなくなってしまいます。


それによって、便の滞留が起こり、腸内細菌のなかで悪玉菌の勢力が大きくなります。
善玉菌よりも悪玉菌のほうが優勢になると腸内環境が悪化して、
より便やおならのニオイが臭くなります


便秘になると、腸内環境は悪化しますし、
腸内環境が悪化すれば便秘が続く可能性が高くなります。


我慢せずに出すのがイチバン

上記のようなデメリットを考えると、おならは我慢せずにしっかりと出すことが大事であることがわかります。


かといって、人前で出すには勇気がいりますし、人間関係にヒビがはいることも考えられます。
そこで、なるべく小まめにトイレに立つなどして、おならを出しやすい環境を普段からつくっておきましょう。


また、おならが臭くなったり、多くなったりしないような生活習慣を身につけることも有効です。


おならのニオイのもとは悪玉菌によって分解されるタンパク質なので、肉類を控えめにすることは
ニオイ軽減に有効です。また回数については、食事のときに口から取り入れてしまう
空気が原因である場合があるので、早食いをせずしっかり噛んで食事を取ることが大事です。


さらに、日ごろから運動を取り入れて腸のぜんどう運動が活発になるようにしておけば、
臭いおならは出にくくなりますし、トイレに行ったときにスムーズにおならを出す筋力もつきます。


これらの対策を念頭に置いて、臭いおならを我慢しないような生活を送れるようにしましょう。